ホーム レシピ 春のレシピ 彩りカップ寿司

春のレシピ 29

彩りカップ寿司


彩りカップ寿司 彩りカップ寿司 彩りカップ寿司

材 料  :  各4個分

《 酢飯 》
熱々のご飯硬めに炊く
大さじ2
砂糖大さじ1
小さじ1/3

《 a 》
黒七味と胡麻ふりかけのカップ
菜の花4本
タケノコ(スライス)4枚
ブロッコリースプラウト適量
桜でんぶ適量
#京の黒七味適量
#京の胡麻ふりかけ適量

《 b 》
山椒と柚子唐がらしのカップ
紅芯大根(スライス)4枚
ラディッシュ
(スライス)
4枚
空豆4つ
うるい4枚
#京の山椒適量
《 鶏そぼろ 》
鶏ミンチ80g
醤油小さじ1
小さじ1
砂糖小さじ1
#京の柚子唐がらし小さじ1/4

《 c 》
黄一味と赤一味のカップ
海老(小)8匹
炒り卵1玉分
ひとつまみ
キュウリ1/4本
木の芽4枚
#京の黄一味適量
#京の赤一味適量

作り方

  1. 下準備
    《 a 》
    菜の花・タケノコは下茹でし、水気をきり、好きなサイズに切る。

    《 b 》
    空豆は塩で下茹でし、皮を剥く。
    鶏そぼろは、材料を全てフライパンに入れ、火をつけてポロポロなるまで炒り煮にし、汁気を切って冷ます。

    《 c 》
    海老は殻ごと塩茹でし、氷水に落として殻を剥く。
    炒り卵は塩をひとつまみ入れ作る。
    キュウリは小さめのサイノメ切りにする。


  2. 酢飯を作る
    酢と砂糖と塩はよく混ぜ合わせ、熱々のご飯に入れ混ぜて冷ましておく。


  3. 材料が全て下準備出来たらカップに酢飯を入れ盛り付ける。
    《a》《b》《c》それぞれ七味などの薬味は仕上げにお好みで適量かける。
    盛り付けは写真を参考にお好みで♪




▷ポイント

  1. カップのサイズにより酢飯や具材は調整しましょう!!
  2. 下茹でした野菜などはしっかりと水分を切る。
  3. 鶏そぼろは分量より多く作って常備食としても使えます◎

ページトップへ

このレシピに使う商品

黒七味

おちゃのこさいさいの黒七味は、薫る朝倉山椒に、深煎りした芳ばしい焙煎唐辛子を合わせています。
辛さは比較的やわらかく、おうどん、お味噌汁などの風味づけとして、愉しんでいただけます。
他にも、黒七味の芳ばしさは、焼き魚やステーキ等の焼き物、炒め物とも相性が良いです。

パリッと芳ばしい胡麻と、おちゃのこさいさいの黒七味をブレンドした、ふりかけです。
ふりかけとしてはもちろん、七味や山椒代わりに、おうどんやお浸しに散らしても、おいしく召し上がっていただけます。
ジップが付いているので、保存やお弁当の持ち運びにも便利です。

朝倉山椒缶入り

山椒の中でも特に香り高い「朝倉山椒」の粉山椒です。
石臼でじっくりと挽くことで、食感のざらつきがなく、風味が長く続きます。
うなぎの蒲焼きはもちろん、焼き魚や、脂っこいお肉料理にかけていただくと、すっきりと召し上がれます。
光で茶色く焼けてしまうのを防ぐため、容器にアルミの缶を使用し光を遮断しています。

柚子唐がらし

九州名産の薬味『柚子胡椒』を、京都らしくアレンジしました。
塩で練り込み熟成させた国産柚子皮と唐辛子に、昆布の旨みを加えることで
まろやかな口当たりの京都らしい上品な味わいに仕上げました。
定番のお鍋やお味噌汁、から揚げ、煮魚など一度お試し下さい。

黄一味

黄金唐辛子という、辛味の強い希少な唐辛子を使った一味です。
口にした際、すぐにピリリと強い刺激を感じます。
さらりとクセなく召し上がれるので、コンソメスープや、パスタなど、洋食の味つけとも相性抜群です。

赤一味

国産の本鷹唐辛子を使用した一味唐辛子です。
石臼製法で、きめ細かく挽き、さらりと仕上げています。
召し上がりやすいほどよい辛さで、クセがないので、おうどんやお味噌汁に振り掛けても、お料理の辛味足しに加えても幅広くご利用いただけます。

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 春のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ