ホーム レシピ 春のレシピ 春キャベツと鶏団子の激辛春雨スープ

春のレシピ 22

春キャベツと鶏団子の激辛春雨スープ



材料:2人前

#京のおだし400cc
春キャベツ3〜4枚
玉ねぎ(小)1/4
緑豆春雨20g
もやし適量
塩小さじ1/4
#京ら〜油ふりかけ大さじ1
#舞妓はんひぃ〜
   ひぃ〜 ラー油
小さじ3

《A : 鶏団子》
鶏ミンチ200g
玉ねぎ(みじん切り)半玉分
#京ら〜油ふりかけ大さじ1
オイスターソース小さじ1
塩小さじ1/4
コショウ少々
片栗粉小さじ2
ごま油小さじ1

作り方

  1. 《A》の具材を混ぜ合わせる。

  2. 沸かした#京のおだしに①を丸め団子にして入れる。

  3. 団子が少し固まれば緑豆春雨と玉ねぎを入れ、
    蓋をして煮る。

  4. 団子に火が通れば、塩・春キャベツ・もやし・
    #京ら〜油ふりかけ・#舞妓はんひぃ〜ひぃ〜ラー油を入れ
    一煮立ちさせる。

  5. 野菜に火が通れば全体を軽く混ぜ合わせて完成。


ページトップへ

このレシピに使う商品

京のおだし

国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです。
京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、『京のおだし』だけで、和食の味が決まります。

京野菜『九条ねぎ』と、食欲をそそる胡麻油が芳ばしい『京らー油』を、たっぷりと染み込ませた胡麻ふりかけです。
白いご飯にはもちろん、サラダのトッピングに、冷奴に、野菜炒めに、焼肉にも◎
ジップが付いているので、保存やお弁当の持ち運びにも便利です。
卵焼きに入れて焼くと、お弁当のご飯が進むおかずが出来上がりますよ。

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜ラー油

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜一味をたっぷり使用したラー油です。
たったひとさじだけで驚くほど辛いけど、ラー油の具を噛むほどに旨味が広がりやみつきに。
「まぜる」「のせる」「つける」「かける」一瓶あると便利な万能調味料です。

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 春のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ