ホーム レシピ 春のレシピ 春野菜とエビのかきたま汁

春のレシピ 17

春野菜とエビのかきたま汁



材 料

#京のおだし2カップ
エビ1〜2尾
1個
薄口醤油小さじ1
小さじ1/5
みりん小さじ2
#京の山椒適量

《お好みの春野菜》
菜の花2本
うすいえんどう豆2本
筍スライス4枚
蕾菜2切
アスパラガス1/4本
 (今回は上記を使用)

作り方

  1. 京のおだしを沸かしたら、塩・みりん・薄口醤油を入れ混ぜる。
  2. 軽く沸いたところに下ゆでした春野菜と、刻んだエビを入れる。
  3. ふつふつと沸いたところに溶いた卵を回し入れる。
  4. 卵が固まれば、お椀に盛り付けて仕上げに山椒をお好みで振り完成。



ポイント

  1. 溶き卵を回し入れるときは、沸騰している状態で入れるとお出汁が濁らない。
  2. 野菜を下ゆでしておくと、お出汁に灰汁や雑味が出なくなるので必ず下ゆでをする!
ページトップへ

このレシピに使う商品

京のおだし

国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです。
京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、『京のおだし』だけで、和食の味が決まります。

朝倉山椒缶入り

山椒の中でも特に香り高い「朝倉山椒」の粉山椒です。
石臼でじっくりと挽くことで、食感のざらつきがなく、風味が長く続きます。
うなぎの蒲焼きはもちろん、焼き魚や、脂っこいお肉料理にかけていただくと、すっきりと召し上がれます。
光で茶色く焼けてしまうのを防ぐため、容器にアルミの缶を使用し光を遮断しています。

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 春のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ