ホーム レシピ 夏のレシピ やみつきひぃ〜ひぃ〜長芋

夏のレシピ 14

やみつきひぃ〜ひぃ〜長芋



やみつきひぃ〜ひぃ〜長芋 やみつきひぃ〜ひぃ〜長芋 やみつきひぃ〜ひぃ〜長芋

材 料

長芋100g
醤油大さじ1
みりん大さじ1
#京のおだし
  (パック粉末)
小さじ1/2
#京らー油ふりかけ大さじ1
#舞妓はんひぃ〜
   ひぃ〜 七味
小さじ1/3
オクラ各適量
ラディッシュ
もみのり

作り方

  1. 長芋の皮をむき3cm幅に切る。(いちょう切りや乱切り、短冊など、お好みの切り方で大丈夫。)
  2. ボウルかビニール袋に醤油・みりん・#京のおだし(粉末)・#京らー油ふりかけ・#舞妓はんひぃ〜ひぃ〜七味を入れて揉み込み、5分ほど冷蔵庫で馴染ませる。
  3. 皿に盛り付け、海苔を散らす。
    オクラなどお好みの野菜があれば添えても◎

▷ポイント

  1. もっと辛いのがお好きな方は食べる前に#舞妓はんひぃ〜ひぃ〜ラー油をかけて。
  2. 辛すぎる!という方は、卵黄と混ぜたり、ごはんや冷奴にのせるのもオススメ♪
  3. 余った#京のおだし(粉末)は、卵焼きやたこ焼き、お好み焼きなどの生地に直接入れて使えます。
ページトップへ

このレシピに使う商品

京のおだし

国産のかつお節、昆布、いわし節、さば節を使用した、京風だしパックです。
京都のおだしは、醤油を使わないので、さらりと澄んでいて、かつおや昆布の旨みがしっかり味わえます。
下味付きで、使いやすい出汁パック式。お鍋の水に入れて沸騰させるだけなので、面倒な下ごしらえはいりません。
おうどん、お鍋、煮もの、炊き込みご飯など、『京のおだし』だけで、和食の味が決まります。

京野菜『九条ねぎ』と、食欲をそそる胡麻油が芳ばしい『京らー油』を、たっぷりと染み込ませた胡麻ふりかけです。
白いご飯にはもちろん、サラダのトッピングに、冷奴に、野菜炒めに、焼肉にも◎
ジップが付いているので、保存やお弁当の持ち運びにも便利です。
卵焼きに入れて焼くと、お弁当のご飯が進むおかずが出来上がりますよ。

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜七味

舞妓はんひぃ〜ひぃ〜の辛さと京七味の上品な香りを味わって頂けます。
国産ハバネロと香り高い朝倉山椒をはじめ、数種の薬味を独自の配合でブレンドした、辛い中に香りを感じる七味唐辛子です。
市販の唐辛子を、たくさん振りかける方も、これなら一振りで大丈夫!?

ページトップへ
 \他のレシピもご覧ください♪/

春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら

>> 夏のレシピ一覧へ戻る

ページトップへ